フットサルノート - フットサル上達のための動画集

フットサル好きが、フットサル上達のために集めた、フットサル動画のまとめ。

PIVO ゴール前で使えるマークの外し方とポジショニング

time 2016/05/03

PIVO ゴール前で使えるマークの外し方とポジショニング

現在はカフリンガ東久留米に所属するピヴォの内田淳二選手が、相手ディフェンダーのマークを一瞬はがすための心理戦やその後のポジショニングについて解説。そして、

 

 

ディフェンスを背負ってプレーする際に、読まれながら背負うのか、意表をついた状態で背負うのかは、全くことなる。

 

という。一瞬マークを外すために、心理戦を制していき、相手に警戒心を与えていけば、相手は不用意に飛び込むことが出来なくなり、結果的にピヴォが試合中のプレーの幅を広げることができるというわけだ。

 

 

  • 相手ディフェンダーとの駆け引き

(1)相手ディフェンダーが1回目のマーク確認をする。

pivo-uchida1

 

(1)相手ディフェンダーが2回目のマーク確認をする。

pivo-uchida2

 

(3)同じような間隔で観るので、その前に相手の背中側へ動き出す。

pivo-uchida3

 

(4)この時、完全に相手ディフェンダーの死角に隠れた状態になる。

pivo-uchida4

 

(5)マークを一瞬外した状態からボールを受けて、味方に落とす。もちろん、振り向いてシュートをうってもよし。

pivo-uchida5

 

 

 

 

  • 駆け引きにおけるポジショニング

(1)中央のスペースを使いたい場合、相手ディフェンダーに意識させるために、ニアサイド側の相手の視界に入るようにポジションをとる。

pivo-uchida6

 

(2)ボールがでる前に、相手ディフェンダーの死角にはいり、その後、中央ではなく、さらに味方が走り込む方向まで体を入れてボールを収め、走り込む味方に落とす。

pivo-uchida7

 

(3)味方がシュートするまで、しっかり相手ディフェンダーをブロックする。

pivo-uchida8

 

 

 

 

動画でみて、駆け引きの仕方、動き出しのタイミング、細かいポジショニングなどを確認しよう。